お墓のことなら東京陵石へ【埼玉 東京 神奈川 墓石 石材 霊園 寺院墓地販売】
墓所、墓石、設計、施工お墓のことなら埼玉県・石材・寺院墓地販売の東京陵石へ
施主様のインタビュー NEW!!陵石トピックス
Q&Aお問合せ会社概要リンクサイトマップ
お問合せ、ご相談 代表番号:049-268-5822
home
一生に一度の大切な心のお買い物
お墓を建てるまで
寺院墓地のご案内
お墓のリフォーム
お墓参り代行および墓石清掃
石細工小物・仏壇仏具
葬儀について〜葬儀のご案内〜
お墓を建てるまで
Tokyo Ryoseki Inc
更新情報
東京陵石のワンポイント
アドバイス!

■寿陵
最近では、生前にお墓を立てる方が約70%になっています。現在、自分の家庭に仏様はなくても、誰にでも先祖があります。その先祖のお墓の土を少し持ってきて寿陵墓に祀り、お墓参りをすることによって、先祖供養が出来ます。また、寿陵墓を立てることにより、「長寿」「子孫の繁栄」「家業の繁栄」の三つの徳があるといわれています。
お墓を建てるまで〜建墓のすすめ〜 お墓の完成までの流れお墓の基本構成建立と供養お墓に刻む文字
お墓完成までの流れ
お墓完成までの流れ
※クリックすると拡大されます※
お墓の完成までの流れ

お墓は一生で一度限りの大切な心のお買い物です。代々継承されてゆき、ご家族の象徴でもあり、満足できるお墓作りが必要です。

弊社では、霊園のご案内、建替、お墓のリフォーム、付属品の不備等、信頼の技術と経験で、みなさまのご要望に誠心誠意お応えしてゆきたいと考えております。

また、ご埋葬、ご法事や、お墓に関することでしたら、何なりとご遠慮なくお問い合わせください。
便利な建墓ローンも取扱っておりますので、詳しくはご相談下さい。

お墓の基本構成
@石碑 A花立 B香炉 C墓誌 D塔婆立
E地蔵 F灯篭 G表札 H名刺受 I物置台 Jつくばい K植木
お墓の基本構成
※クリックすると拡大されます※
お墓の基本構成
単位=尺  
 
八寸角
九寸角
尺角
竿石 0.8×0.8×2.1 0.9×0.9×2.3 1.0×1.0×2.6
上台 1.4×1.4×0.9 1.5×1.5×1.0 1.6×1.6×1.1
中台 2.0×2.0×1.0 2.1×2.1×1.1 2.4×2.4×1.2
下台(芝台) 2.8×2.8×0.5 3.0×3.0×0.5 3.3×3.3×0.5
※霊園により使用が異なる場合があります。 
墓所施工例
お墓その1 お墓その2 お墓その3 お墓その4
※画像をクリックすると拡大表示されます※
建立と供養
・寿陵について
  最近では、生前にお墓を立てる方が約70%になっています。現在、自分の家庭に仏様はなくても、誰にでも先祖があります。その先祖のお墓の土を少し持ってきて寿陵墓に祀り、お墓参りをすることによって、先祖供養が出来ます。また、寿陵墓を立てることにより、「長寿」「子孫の繁栄」「家業の繁栄」の三つの徳があるといわれています。
・永代使用権について
  墓所は宅地分譲のように土地そのものの売買ではなく、“永代使用承諾”という方式で扱われ、その永代使用権に対して支払われる代金を永代使用料といいます。その権利は代々受け継ぐことが出来ます。
・開眼供養について
  墓石を建立されたら、その場所に仏様が埋葬されているいないに関係なく、必ずご住職にお経を唱えていただき、開眼供養をしてください。
・納骨法要について
  なくなられた後、四十九日間を中陰(この世とあの世の中間の世界)と言います。通常忌明けの中陰を過ぎたら、遺骨を納める「納骨法要」を営みます。
・追善・年忌法要について
 
仏教では、よりよい死後の世界へ行けるようにとの願いから、亡くなった人が無事に浄土に向かうための7日ごとの法要(法要には十三の仏様−十三王−が本尊としてあてられます)が営まれます。
この他の法要としては、「新盆」、数え年で「十七回忌」「二十三回忌」「二十七回忌」「三十七回忌」「四十三回忌」「五十回忌」「百回忌」となります。
これらの法要は、先祖供養として欠くことのできない行事です。
また、春秋の彼岸やお盆には家族そろって墓参をし、個人を偲び供養することが残された人の大事なつとめです。
忌日・年回法要
本地諸仏
十三王
初七日(7日目)
不動明王 泰広王
二七日(14日目) 釈迦如来 初江王
三七日(21日目) 文殊菩薩 宗帝王
四七日(28日目) 普賢菩薩 五官王
五七日(35日目) 地蔵菩薩 閻魔王
六七日(42日目) 弥勒菩薩 変成王
七七日(49日)忌明け 薬師如来 泰山王
百ヶ日 観音菩薩 平等王
一周忌 勢至菩薩 都弔王
三回忌 阿弥陀如来 転輪王
七回忌 阿シャク如来 蓮華王
十三回忌
大日如来 慈恩王
三十三回忌 虚空蔵菩薩 祇園王

▲ページ先頭に戻る

お墓に刻む文字
お墓に刻む文字の書体には、楷書体、行書体、草書体、隷書体等がありますが(右図参照)、分かりやすい楷書体が使われる場合が多いようです。近年ではほとんどが合忌墓のため、和型墓碑なら「○○家之墓」 、洋型墓碑なら横に「○○家」と家名を彫刻するのが一般的です。
また、仏教徒の場合、「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」などの題目を刻むこともありますが、寺院墓地においては宗派の違いもありますので、ご住職に相談されるとよいでしょう。
さらに、神道の方は「○○家奥津(都)城」と刻むのが普通ですし、キリスト教の方は十字架を刻んだりします。
この他にも「愛」「静」「やすらぎ」などの言葉を刻んだ墓石も多く見られます。
お墓に刻む文字
※画像をクリックすると拡大表示されます※

▲ページ先頭に戻る

* 有限会社 東京陵石  E-mail:info@ryoseki.com
  ■本店
  〒354-0002
  埼玉県富士見市上南畑3001-3
  Tel.049-268-5822 Fax.049-268-5825
Yahoo!ショッピングYahoo!ショッピング出店
お問合せ、ご相談 代表番号:049-268-5822
楽天市場楽天市場出店
Home > お墓を建てるまで > 寺院墓地・霊園のご案内 > お墓のリフォーム > お墓参り代行、墓石清掃 > 施主様へのインタビュー > 
陵石トピックス > 車止め・キャラクター石材販売  > 葬儀について > Q&A > お問合せ > 会社概要 > リンク > サイトマップ > 
Copyright © 2008_2009 “Tokyo Ryoseki Inc. ” All Rights Reserved.